正直、夫婦関係が続いた中でも、一番ショックだったかもしれません。
陰部の臭いのため、クンニが出来なくなったって言われてしまったのです。
それまでは、夫とのセックスを楽しめていました。
私はクンニされたいタイプです。
沢山舐められたいのです。
夫も、そんな私の願いを知っているのか、しっかりと舐めてくれていました。
性生活の方も安定していたと思っていたのです。
ところが、50近くになってからクンニが途絶えるようになりました。
その理由は、私の臭いがきつくなったからって言うんです。
衝撃的でした。
自覚なかったし、あの臭いを言われたこともありません。
クンニがなくなり、途端にセックスが淡泊なものに感じるようになってしまって、物足りなくなってしまったのです。
臭い改善に、デリケートゾーンの消臭剤を利用して臭いを消そうとしました。
それでも夫の方は、ヤル気が無くなってしまったようでした。
消臭効果が出ても、トラウマになってしまったらしく舐めてくれないのです。

 

 愛犬を飼っているのですが、バター犬にするってアイデアを思いついてしまったのです。
不満でしたから、やむを得ない事情って感じでした。
自分でバターを塗り、舐めさせようと思ったのですが、凄い罪悪感を感じてしまって。
犬にクンニさせることへの強烈な抵抗感を覚えてしまったのです。
中止してしまいました。

 

 クンニしたい男性と出会えばいいんだ。
エッチしないで、クンニだけして貰えばいいんだ。
クンニ犬をネットで見つければ!
心が動いてしまいました。

 

 ネットには、クンニ掲示板というものがありました。
こちらなら、私の願いを叶えることが出来ると考えました。
クンニ友達を探して、挿入無しで舐めてもらうだけの関係を作るための行動に出ました。
大勢の利用者のいるクンニ掲示板です。
クンニされたい願望が強くなりクンニ掲示板の利用を思い立つと早速実行に移りました。
手応えはあると確信してしまっていました。

おすすめ定番アプリ登録無料

クンニしてくれる男性を安全に見つけるなら!